2008年04月19日

好きな人と親しくなるための恋愛心理学

誰かにした事はありますか?
誰かを好きになった時、まずはどのような事をするでしょうか。
ちょっと思い出してください
大抵の人は相手に少しでも近づけるように、話しかけたりすることなどに目がいきますよね。
でも、今まで親しくしてきた人とだったら、普通に気軽に話したりすることが出来るかもしれませんけど
それ以外の場合はどのようにすれば良いのか悩んだりしませんか?
そんな時の方法として、自分でどうしても話さないといけないような状況を作っちゃうと良いでしょう。
例えばですねぇ、仕事の頼み事や質問などは会社関係の場合ならできますよね。
学校とかの場合なら勉強のこととか聞くなど、考えればいろいろありますね。

とはいっても、本当に話をしないとだめな場面にならないとなかなか難しいですよね。
そこで、話かけやすい状況とは、私が思うに「状況的に自分と相手の二人しかいない時」というものです。
たとえ完全に2人きりではなくても、自分や相手の知ってる人がいない状態であればとても話しかけやすいと思います。
学校であれば放課後、会社であれば残業の時などは割と簡単に出来ると思います。
二人しかいないなら、自然に話せそうな気分になるでしょ?
なりませんか?

もしもそれでも無理そうならば、朝会ったときに普通に挨拶するというのも良いですよね。
でも今まで挨拶とかしたことがなかったのに急にするのはどうも…
なんて戸惑ってしまうかもしれないですが
挨拶は相手にも良い印象を与えるものですし
されて悪い気はまず無いと思います。
それに、挨拶だとより自然に話かけられそうですしね。
最初は相手もびっくりして返してくれないかもしれませんが
回数を重ねればちゃんと挨拶を返してくれるはずです。

相手と親しくなるにはいくつかの方法があります
でもまずは相手の視野に入るところにいることからです。
そして、話をするなどして直接接触することです。
そして接触回数を増やしていくと
心理学でいう「単純接触の原理」が働きます。
接触頻度が高い方が好感を持たれやすいという原理ですね。
好きな人がいてもなかなか進展しないなぁ、と思っている人は
是非思いきって話しかけてみましょう。


posted by へんてこ at 22:08 | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。